マスターキービートルで選択したブラックホールを発動した結果

遊戯王関連の質問のなかに、《No.66覇鍵甲虫(はけんこうちゅう)マスター・キー・ビートル》に関するモノがときどきあります。よく見かけるのが『ブラックホールや大嵐などを対象にしたあとで、それらを発動したらどうなるのか?』という質問です。

そこで今回は通常魔法や通常罠などのカードとマスター・キー・ビートルの相性について考えてみます。

古びた南京錠

マスター・キー・ビートルの基本

No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル 駿河屋
エクシーズ・効果モンスター ランク4/闇属性/昆虫族/攻2500/守 800 闇属性レベル4モンスター×2
起動1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、選択したカードはカードの効果では破壊されない。
永続フィールド上のこのカードが破壊される場合、代わりに選択した自分のカード1枚を墓地へ送る事ができる。

カードを守る効果は起動効果。自身を守る効果は永続効果

マスターキービートルは、自分のカードを効果破壊から守ります。破壊されないための条件として発動したこのカード自体がフィールド上に表側である必要があります。しかしモンスターを対象にしても戦闘破壊から守れるわけではなく、また除外やバウンス等の破壊以外の方法から守ることもできません。

マスター・キー・ビートルの起動効果でできること
  • 魔法・罠・モンスターを問わず、カード効果による破壊から守る
  • 永続効果による自壊やカウンター罠による破壊に対しても耐性を持つ
  • 複数のカードに対して使うことが可能
  • 自分フィールド上のカードならば裏側のカードでも良い
マスター・キー・ビートルの起動効果ができないこと
  • 戦闘破壊などの効果以外の破壊には意味が無い
  • コアキメイル等の維持コストによる自壊を防げない
  • バウンスや除外、墓地へ送るなどの効果を防げない
  • 発動したキービートルがフィールドを離れると耐性が無くなる

また、選択したカードを墓地に送ることで自分自身の破壊を防ぐことが可能です。この破壊耐性は永続効果によるものですから、発動するわけではありません。また戦闘によって破壊される状況でも適用されます。

ブラックホールを選択したあとで発動すると、キービートルはそのブラックホールを墓地に送って破壊を免れる事が可能です

まず、覇鍵甲虫マスター・キー・ビートルの起動効果で自分フィールド上にセットした《ブラック・ホール》を選択。これでブラック・ホールはサイクロンなどで破壊されることはありません。ではそのブラック・ホールを発動するとどうなるのか。

ブラック・ホールはモンスターを全破壊する効果ですから、当然キービートルもその破壊に巻き込まれます。しかし事前にキービートルはブラック・ホールを自身の効果の対象にしています。そして発動したブラック・ホールは処理が全て終わるまでフィールド上に存在し続けるために、キービートルはその発動したブラック・ホールを墓地に送る事で自身の破壊を防ぐことができます。

マスターキービートルは発動したブラック・ホールを墓地に送って破壊を防ぐ

初心者にはどういうことなのかピンと来ないかもしれません。でも理屈は単純です。発動したブラック・ホールはその処理終了時までフィールド上のカードとして扱うからです。遊戯王のルール上、発動した通常魔法や通常罠が墓地に送られるのはその一連の処理の最後なのです。

また、発動したブラック・ホールをキービートルの永続効果で墓地に送ってもその処理に影響はありません。なぜならば、ブラック・ホール自体は既に効果を使い終わったカードですから、効果自体を無効にしない限り墓地に送っても破壊が止まるわけではありません。

結果、キービートル以外のモンスターがいればそのモンスターたちは全てブラックホールの効果で破壊され、キービートルだけが生き残ります。

キービートルの効果でブラックホールを墓地に送っても全体破壊は無効にならない
Question
魔法&罠カードゾーンにセットされている「ブラック・ホール」を対象に「No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル」の効果が発動し、適用されています。 その後、その「ブラック・ホール」をセットされた状態から表側にして発動した場合、「No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル」が破壊される代わりに発動した「ブラック・ホール」を墓地へ送る事はできますか?
Answer
質問の状況の場合、フィールド上の他のモンスターは「ブラック・ホール」の効果によって破壊される事になりますが、「No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル」は自身の効果を適用し、対象として選択していたその「ブラック・ホール」を代わりに墓地へ送る事で破壊されず、フィールド上に残ります。 (なお、『フィールド上のこのカードが破壊される場合、代わりに選択した自分のカード1枚を墓地へ送る事ができる』効果を適用しなかった場合には、「No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル」も通常通り破壊される事になります。)
セットされている「ブラック・ホール」に、「No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル」の効果が適用されている場合、それをセットされた状態から発動した場合、どのように処理しますか?(2013-05-09)

激流葬や安全地帯との相性が良い

ブラックホール以外にもマスター・キー・ビートルと相性の良いカードはあります。激流葬をセットしてその激流葬をマスターキービートルの効果で守ったとします。するとそのターン以降で召喚・特殊召喚等をするとマスターキービートルだけを残すことが可能となります。

安全地帯を対象とすれば相手のカード対象からマスターキービートルを守れる上に破壊耐性を付け、さらに安全地帯自体が破壊されなくなるという強固な守りが付きます。

大嵐をキービートルで守るとスターライト・ロードは破壊できないのでスターダストを出すことが出来ない

ちょっとしたTipsです。

例えば自分の《大嵐》をキービートルの効果で対象にしてからカードを発動したとします。この大嵐はキービートルが場にある限り破壊されることはありません。

ここで相手プレイヤーが《スターライト・ロード》を発動して大嵐の効果を無効にしたとします。大嵐の破壊効果そのものはスターライト・ロードはキービートルによって守れられていません。守られているのはカード本体だけだからです。よって破壊効果は無効になります。

けれども、大嵐というカードを破壊できない以上はスターライト・ロードの「スターダストを特殊召喚できる」という追加効果の条件をかなえないために、スタダは出てきません。

スターライト・ロード マスター・キー・ビートル 大嵐

まとめ

覇鍵甲虫マスター・キー・ビートルの起動効果は、セットしてあるカードにも有効であるということは頭に入れておいてください。それが通常魔法・罠であっても発動することができますし、発動後にそれらをマスター・キー・ビートルの身代わりにすることも可能です。細かいようですが知っているとためになります。

オススメ