《氷結界の龍トリシューラ》の勘違いしやすいポイントを解説します

waterdragon photo credit: ElDave via photopin cc

氷結界の龍トリシューラ》はシンクロモンスターの中でも大変強力なカードとして君臨しています。このカードは場に出すだけで相手の手札・フィールド・墓地からカードを除外してしまうのですから、禁止になった経緯も頷けます。

実際に使用する際に多くの人が陥ってしまうのが、「対象をとらない除外」という点です。言葉を知っていても実践で困る事のないように幾つか例を上げて解説します。

氷結界の龍トリシューラ
【遊戯王シングルカード】 《ゴールドシリーズ 2011》 氷結界の龍 トリシューラ ノーマル gs03-jp010
シンクロ・効果モンスター(禁止カード:2013年8月現在) 星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000 チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
誘発このカードがシンクロ召喚に成功した時、相手の手札・フィールド上・墓地のカードをそれぞれ1枚までゲームから除外できる。

1.除外するカードは発動時には決めない

対象をとらない効果の場合、その効果を及ぼすものを発動時に選択しません。《ブラック・ホール》がわかりやすいでしょう。あのカードを発動するときにはフィールド上にモンスターがいればいいだけです。「どのモンスターを破壊する」と宣言しません。そして効果処理時に場に存在する全てのモンスターを破壊します。

トリシューラは発動時にはどのカードを何枚除外するかは決めない

トリシューラも同様です。シンクロ召喚成功時、トリシューラの誘発効果が発動します。しかしこの発動時には相手のどのカードを除外するかは選択しません。行うのは効果の発動だけなのです。

トリシューラは除外するカードと枚数は効果処理時に決定する

よくこの段階で相手のカードを選んでしまいますが、不可能なのでプレイヤー同士で確かめ合うことが大事です。

2.相手が1枚以上のカードを持っていれば発動できる

トリシューラの除外効果は「相手の手札・フィールド上・墓地」から1箇所につき1枚を除外します。発動した場合には必ず1枚以上を除外しなければなりませんが、必ずしも3枚を除外するわけではありません。

例えば、相手の手札が0枚でフィールドと墓地にそれぞれカードが存在している時。手札から除外することはできませんが、フィールドと墓地からそれぞれ1枚づつ除外することができます。「3箇所のうち1つにカードがあれば問題なく発動することができる」というわけです。手札にカードがないからといって発動できないわけではないのです。

Answer
「氷結界の龍 トリシューラ」の効果によって、手札・フィールド上・墓地のいずれか1ヵ所のカード1枚のみを除外する事ができます。 なお、「氷結界の龍 トリシューラ」の効果を発動した場合、必ずカードを1枚以上ゲームから除外しなければなりません。
「氷結界の龍 トリシューラ」の効果で、1枚だけ除外する事はできますか?
Answer
相手の手札・フィールド上・墓地のいずれかの場所にカードが存在しない場合でも、「氷結界の龍 トリシューラ」の効果を発動する事ができます。 また、手札・フィールド上・墓地のいずれかにカードが存在しない場合でも、効果処理を行う際に、カードが存在する場所から、それぞれカードを1枚まで除外します。
墓地等にカードが無い場合でも「氷結界の龍 トリシューラ」の効果を発動できますか?

当然、相手の手札・フィールド上・墓地のどこにもカードがなければ発動することすらできません。又、効果処理時に空になると不発となります。

3.除外するときに、相手は除外されるカードの効果を発動できない

相手がDDクロウを握っていたとします。トリシューラの発動時にはどのカードを除外するか宣言しませんから手札のどのカードが除外されるかは最後までわかりません。トリシューラの発動時にDDクロウを使わないでとっておき、効果処理時にDDクロウが除外されることが決定したとします。

このときにDDクロウを発動したいと思うのはよくわかりますが、それは不可能です。なぜならばカードの効果処理中に関係のないカードを割り込んで発動することは不可能だからです。

対象をとらないのでヘツカで武神を守れない

【武神】において、《武神器-ヘツカ》はヤマトなどを守れる強力なカードです。しかしこれは「対象をとるカード」にしか有効ではありません。

トリシュの効果解決時にフィールド上の《武神-ヤマト》が選ばれたとしても、発動時に選択されていないためにヘツカの効果を発動することは不可能です。

オベリスク等も除外される

オベリスクの巨神兵》はカードの対象にとることが出来ません。これは効果発動時にオベリスク自体を選択することが不可能、という意味。しかしトリシューラは効果解決時に選択します。このような場合にはオベリスクは永続効果を適用できずトリシューラによって除外されてしまいます。

4.除外はすべて同時に行われる

3枚のカードを除外する場合でも、それらは「同時に除外された扱い」になります。フィールドから離れたり除外された時に発動するカードの条件をみたすかどうかに関わりますが、簡単なので覚えられますね。