ひもで動かす自転車「StringBike」

stringbike1

遊戯王でもIngressでもなく、自転車の話です。これでもジテツーしているので。

今日は幕張メッセで開かれた「サイクルモード2015」に行ってきました。自転車関係の展示会なのですが、大手はそれほど参加していない印象です。よくいえば中小企業に有利な場だといえます。

チェーンを使わず紐で動かす自転車

stringbike1

さて、今回見た中でひときわ異彩を放っていたのが「STRINGBIKE」でした。画像のような不思議な物体が展示されていました。

自転車やオートバイは、金属製のチェーンを使ったペダル部分と後輪をつないでいます。この部分をに置き換えたのが、StringBikeです。自転車の世界ではチェーン駆動に変わる機構を長年研究しているのですが、その答えの1つがこれだったというわけです。

従来のフロントディレーラーに当たる部分には滑車のようなものが存在し、これで前後させることで紐を引っ張り、それにつながった後輪の軸を回す仕組みです。ペダルを半回転くらいさせると後輪軸のバネによって元に戻ります。左右で引っ張ると戻すを交互に行うことで、従来の自転車を動かすのと変わらないようにしています。変速は滑車部分の上下で行われます。かなりシンプルな構造ですね。

string-bike3 string-bike2

チェーンやベルト式とは根本的に違う構造ですから比較するのは難しいのですが、紐の脱着等は非常に簡単なようです。子供でも安全に行えるでしょう。ひも単体が安価に発売されていますので複数本持っていてもいいでしょう。

自転車のチェーンには怪我等のリスクがありますし、サビが発生する部分でもあります。安価な紐に置き換えるのは、奇をてらったコンセプト自転車以上の意義があるのではないでしょうか?もちろん今の主流であるチェーン機構を淘汰する可能性は低いですが、自転車以外の分野にも応用できそうなのでそちらにも期待です。

このStringBike自体は既に2013年から発売されているものですが、日本に来たのはごく最近です。街なかで見かける機会が増えるかもしれませんね