《星輝士デルタテロス》と《神の宣告》の関係

遊戯王アーク・ファイブ / 星輝士 デルタテロス(ウルトラ) / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード

デルタテロス関連で「このカードのX(エクシーズ)召喚を《神の宣告》で無効にできますか?」という質問が結構あります。 結論を言うとデルタテロスのX召喚を神の宣告等で無効にして破壊できます。また、デルタテロスの3つ目の効果は発動しません

また、フィールド上に出ていない扱いなので《神星なる因子》をそのデルタテロスを墓地に送って発動することもできません。

星輝士デルタテロス
遊戯王アーク・ファイブ / 星輝士 デルタテロス(ウルトラ) / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード
エクシーズ・効果モンスター ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2100 レベル4モンスター×3 (1):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時には、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。 (2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。 (3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札・デッキから「テラナイト」モンスター1体を特殊召喚する。

1つずつ問題を確認してみましょう。

  1. デルタテロスを神の宣告で破壊できるか
  2. デルタテロスが神の宣告で破壊されると3番目の効果はどうなるか
  3. 神の宣告にチェーンして神星なる因子をデルタテロスをコストにして発動できるのか
 

デルタテロスの「相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない」はフィールドに出てから適用される

そのデルタテロス、神の宣告で無効にできるんです

端的にいうとこういうことです。

  1. デルタテロスの「相手は発動できない」という効果は永続効果
  2. 神の宣告による「特殊召喚の無効」はデルタテロスがフィールド上に出る直前のタイミングで発動する
  3. デルタテロスの永続効果が適用するめに神の宣告は発動できるため、そのデルタテロスのX召喚を無効にして破壊できる

サイコショッカーに神の宣告や神の警告が通用するのと同じ理屈です。サイコショッカーには罠カードの発動を封じたり、効果をむこうにする永続効果があります。しかし、召喚に成功する前の段階ではその効果は適用されないため神の宣告によって破壊することが可能です。 【参考】「神の警告」で「人造人間-サイコ・ショッカー」の召喚を無効にできますか? -公式裁定-

他のテラナイトモンスターの召喚を無効にすることも可能

デルタテロスのエクシーズ召喚時にかぎらず、デルタテロスがフィールド上にいる際に他のテラナイトモンスターを召喚するときにも、神の宣告を発動することができます。

例えば、デルタテロスがX素材を持っていて、《星因子アルタイル》を召喚しようとしました。このときに相手が神の警告を発動して、その召喚を無効にすることができます。

デルタテロスの永続効果が適用されるのはあくまでも「召喚・反転召喚・特殊召喚成功時」のみだからです。その前後のタイミングではデルタテロスの永続効果は適用されません。

単純に、デルタテロスの有無にかかわらず、召喚や特殊召喚を無効にするカードを相手は発動できると言えます。

よく《オベリスクの巨神兵》と混同している人がいますが、そもそもオベリスクの巨神兵にはあった「このカードの召喚を相手は無効にできない」というルール効果がデルタテロスにはありません。

デルタテロスのX召喚が無効になるとフィールドを離れる扱いにならない

デルタテロスの3番目の効果の発動条件は「フィールドから墓地に送られた場合」です。この発動条件を満たすには、そもそもフィールド上に出ていなければいけません。 しかし、自身のエクシーズ召喚が無効にされた場合には、フィールド上に出た扱いになりません。結果、デルタテロスはフィールドから送られた扱いにならず自身の発動条件を満たせません。

よく言われる「謎空間」のことですね。ペンデュラム召喚を無効にすると墓地に送られる理由と同じです。

X召喚を無効にされるデルタテロスをコストに神星なる因子は発動できません

エクシーズ召喚を無効にする相手のカードの発動に対して、神星なる因子を発動するならば必ずフィールド上に表側表示で存在するテラナイトモンスターをコストにしなければいけません。

デルタテロスのエクシーズ召喚を相手が無効にしようと神の警告を発動。しかし、自分はそのデルタテロスをコストに神星なる因子は発動できません。 なぜならば、エクシーズ召喚が完了していないデルタテロスはフィールド上に表側表示で存在していないためです。

なお、反転召喚でもコストにはできません。《反射の聖刻印》はリリースであるのに対して、神星なる因子は「墓地に送る」という発動コストだからです。

まとめ

  1. デルタテロスのX召喚や、他のテラナイトモンスターの召喚等を神の宣告で無効にできる
  2. デルタテロスが自身のX召喚を無効にされて破壊されても、フィールドから墓地に行っていないので3番目の効果発動しない
  3. 「フィールドの表側表示のテラナイト」を墓地に送るコストを必要とする《神星なる因子》は、召喚途中のテラナイトをコストにはできない

ここの管理者はなぜこんなにもデルタテロスの話題を話すのだろうか。理由は簡単です。このカード1枚で色んなルールに対応できるから。 遊戯王のルールを把握する要素が豊富なので、おそらく次回の「ルールマスター認定テスト」で出題されるはずです。ぜひ覚えておいてください。

今後のリミットレギュレーションによってデルタテロスの価値は変動するかも知れません。特に相性がいい《光天使セプター》や《ソウルチャージ》の動向が注目されているためです。

これらに何の制限もなければ、相対的に【光天使テラナイト】の実力が際立ちますね。