《くず鉄のかかし》で複数の攻撃を無効にできない理由

くず鉄のかかしで無効化する

くず鉄のかかし》は相手モンスターすべての攻撃を無効化できる万能カードだと思ってしまいがちです。しかし、くず鉄のかかしが1ターンに無効化できるのは1体のみ。そんな制約はどこにも書かれていませんが、ルールとして不可能なのです。

くず鉄のかかし
遊戯王 英語版 DT07-EN046 Scrap-Iron Scarecrow くず鉄のかかし (ノーマル・パラレル)
通常罠 相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 その攻撃モンスター1体の攻撃を無効にする。 発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。

罠カードはセットしたターンに発動できない

くず鉄のかかしは1ターンに1度しか発動できない

遊戯王の基本ルールとして、罠カードを発動できるのはセットしたターン以降です。セットしたターンには原則発動はできません。

くず鉄のかかしには、発動後に再びセットする効果が備わっているために破壊されない限りは何回でも使いまわせます。しかし、自身の効果でセットしても、同一ターン上で発動できないルールを回避することはできません。

ですから、相手モンスターの攻撃を無効にしてセットした場合、次に発動できるのはさらに2ターン待たなくてはいけません。相手が複数のモンスターで攻撃した場合や、武神帝ースサノヲなどの全体攻撃をしてきた場合でも、そのターン無効にできるのは1回だけ。

炎星などでセットした罠も同一ターンに発動できない

補足ですが、《傷炎星(しょうえんせい)-ウルブショウ》の効果でセットした《炎舞-「天権(てんけん)」》も、セットしたターンに発動することはできません。自分の効果や他のカード効果でセットしても、遊戯王の基本ルールを無視する理由にはならないのです。