《サタンクロース》でドローできるのはどっちのプレイヤー?

クリスマスと言えば、ケーキやおもちゃ、パーティーグッズ。他には高価な指輪やネックレス等。自分はどれも販売する側だったのでお客さんの笑顔だけが自分へのプレゼントでした。

おまいらのクリスマス

さて、クリスマスと遊戯王は全く接点がないと思われていました。しかしここで恐ろしいカードが登場したのです。

そう《サタンクロース》デス。このカードでドローできるのは、実は特殊召喚された相手側だと気がつくと本当にやりきれません。

サタンクロース
サタンクロース サンタクロース
効果モンスター 星6/光属性/悪魔族/攻1200/守2500 このカードは相手フィールド上のモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚できる。 この方法で特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズ時、このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローできる。

サタンクロースは相手フィールド上に特殊召喚するという、見た感じ意味の分からないカードです。何に使うかといえば相手モンスターの除去が主な役割。破壊できなかった効果を受けないモンスターをもリリースすることができるため、ほとんどのモンスターの除去を行えます。

破壊耐性のある《BK-拘束蛮兵リードブロー》や《幻獣機ドラゴサック》も安全に除去できます。

今回問題となるのは後半のドロー効果のほうです。既にネタバレしていますが、サタンクロースがいるフィールドのプレイヤーがドローします。つまり、相手フィールド上に自身の効果で特殊召喚した場合には、そのエンドフェイズに特殊召喚された相手プレイヤーがドローすることになります。

しかもサタンクロースのドロー効果は自身の召喚ルール効果を使って特殊召喚したときにしか発動しないため、普通に召喚しても意味が無いのです。ずいぶんとやっかいなカードだと思います。

1:サタンクロース自体は通常召喚モンスターなので、アドバンス召喚も死者蘇生も使える

クリスマスは酒瓶と一緒に

サタンクロースは特殊召喚モンスターではありません。手札から特殊召喚するのはサイバー・ドラゴンと同じ召喚ルール効果ですが、他の方法によってもフィールドに出すことが可能です。自分のモンスターをアドバンス召喚して出したり、リビングデッドの呼び声で特殊召喚することももちろん可能。

蘇生制限がないため手札やデッキから直接墓地に行っても問題ありません。

なお、特殊召喚はサイドラと同じく発動しない召喚ルール効果なので天罰で無効にされませんが、ライオウで無効になります。

2:「このカードのコントローラー」とは誰を指すのか

エンドフェイズのドロー効果を発動できるのは、その時にコントロールしている側です。ではこの「コントローラー」とは誰なのか。

当然これはエンドフェイズにいる側のプレイヤーを指します。元々の持ち主であるプレイヤーAの手札から、相手プレイヤーBのフィールド上に特殊召喚された場合、その時点でサタンクロースのコントローラーはプレイヤーBになります。

プレイヤーBはサタンクロースがエンドフェイズまで生き残れば自分のモンスター効果として発動しドローできますし、表示形式の変更や攻撃、またシンクロ・エクシーズ素材として使用することも可能です。

特殊召喚後に元々の持ち主のフィールドに行けば、その持ち主がドローできる

自身の効果で特殊召喚した後で所有者の刻印や強制転移で自分のフィールドに移したとします。そうすればエンドフェイズに自分がドローすることができます。

ただし、一度でもフィールドを離れたり、そもそも他のカード効果で相手フィールド上に特殊召喚してもドローはできません。

3:ドロー効果は任意の誘発効果

ドローは任意の誘発効果です。だからどうしたと思うかもしれませんが、エフェクトヴェーラーや聖杯が通用しないことを考えると頭がいたい。

なお《手違い》があればドローはできなくなります。

4:オピオンやクリスティアは除去できないが、トリケライナーは除去できる

リリースは自身を特殊召喚するための手順であって、それ自体は効果ではありません。ですからカード効果を受けない《機動要犀トリケライナー》も除去することが可能です。リリースはある意味で非常に高級な除去方法なのです。

しかしオピオンやクリスティアはリリースできません。これらがあると、レベル6であるサタンクロースを特殊召喚できないからです。リリースするということは、そもそも特殊召喚が可能でなければいけません。その特殊召喚自体が封じられている場合には、リリースも行えないというわけです。

5:結局何に使えばいいのか

しまかぜ photo credit: Danny Choo via photopin cc

昔から《ヴォルカニック・クイーン》や《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等のモンスターは存在しましたが、どちらも特殊召喚モンスターで、若干厳しいデメリットもありました。

しかしサタンクロースはドローに目をつぶればさほどデメリットもなく安全に除去することができる優秀なカードです。(散々使えないと言っておいてなんですが)

《No.101 S・H・Ark Knight》などの耐性持ちや、対象に取れない《陽炎獣(ヘイズビースト)ヒュドラー》(特殊召喚するのは相手プレイヤー)や、すぐに逃げられる《ヴェルズ・サンダーバード》のようなモンスターの除去が考えられます。

【転移スピリット】等ではドロー要員+壁となりますね。扱い方が難しいのは致し方ありませんがロックデッキなどで活躍してくれることを期待します。