「ゴールドシリーズ2014」期待のカード

財宝だぜヒャッハーするあひるちゃん

ゴールドシリーズ2014がまもなく発売されます。シリーズ集大成とあるのでこれで最後かもしれません。今回はこの中から有用なカードを幾つか紹介します。

オベリスクの巨神兵

まずは《オベリスクの巨神兵》です。

効果モンスター 星10/神属性/幻神獣族/攻4000/守4000 このカードを通常召喚する場合、 モンスター3体をリリースして召喚しなければならない。 このカードの召喚は無効化されない。 このカードの召喚成功時には魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。 このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にならない。 特殊召喚したこのカードはエンドフェイズ時に墓地へ送られる。 また、自分フィールド上のモンスター2体をリリースして発動できる。 相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃宣言できない。

アドバンス召喚するためには3体ものリリースを必要としますが、召喚が無効にならず奈落も受けないので安心して出せます。さらにカードや効果の対象にならないので、アークナイトのような除去を受けることもありません。

シンクロやエクシーズが主体のデッキでは活躍の場が少ないかもしれません。しかし火力が少ないデッキではいざとなった時に役立つパワーカードであることは間違いありません。

効果もそうですが、なによりもアニメ絵での収録という点が嬉しい点です。

E・HERO プリズマー

久々の再録となった《E・HERO プリズマー》です。

効果モンスター 星4/光属性/戦士族/攻1700/守1100 1ターンに1度、エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、 そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を デッキから墓地へ送って発動できる。 エンドフェイズ時まで、このカードは墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱

【剣闘獣】や【青眼白竜】等で活躍するカードです。融合モンスターの素材名を借りるだけでなく、おろかな埋葬も内蔵するので応用範囲が広いことが特徴。

過去のテーマの復権も盛んですから、このカードの再録は多くの人が待ち望んでいました。

超弩級砲塔列車グスタフ・マックス

ワンキルデッキで活躍する《超弩級砲塔列車(ちょうどきゅうほうとうれっしゃ)グスタフ・マックス

エクシーズ・効果モンスター ランク10/地属性/機械族/攻3000/守3000 レベル10モンスター×2 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 相手ライフに2000ポイントダメージを与える。

ランク10を出せるデッキは早々ありませんが、ハッスル・ラッセルとスライムのコンボで簡単に出すことが可能です。

禁じられた聖槍

様々なデッキで活躍する《禁じられた聖槍

速攻魔法 フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。 エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は800ポイントダウンし、 このカード以外の魔法・罠カードの効果を受けない。

禁じられた聖衣と並んでとても人気のあるカードです。最近では【武神】等で使われることも多く、デッキ強化としてもメタカードとしても重宝する万能選手。

ノーマルでの収録なので非常に集めやすくなっています。

虚無空間

特殊召喚封じに便利な《虚無空間

永続罠 このカードがフィールド上に存在する限り、 お互いにモンスターを特殊召喚できない。 デッキまたはフィールド上から自分の墓地へカードが送られた時、 このカードを破壊する。

特殊召喚を封じるカードとして【武神】に採用されることがある優秀なカードです。武神ではフィールド上から墓地にカードを送ることが少ないため、このカードの自壊を回避することが可能です。

対峙するG

海外新規カードの1枚として《対峙するG》が登場しました。

効果モンスター 星5/地属性/昆虫族/攻1100/守2500 相手がエクストラデッキからモンスターを特殊召喚した時、 このカードを手札から特殊召喚できる。 この効果で特殊召喚したこのカードは、 このカードを対象とするモンスターの効果を受けない。

相手の行動に依存しますが、出すこと自体は簡単です。新しいテーマの【アーティファクト】がレベル5統一なので、このカードの出番が来るかもしれません。

なお、カード名は「退治」もかけられています。

最後に

征竜がノーマルで大量に収録されていることから、規制を受ける可能性が高まりました。今後は、武神やアーティファクトの時代になっていくのでしょう。