《ブレイズマン》と《プリズマー》の違い

ブレイズマンとプリズマーの違い

ブレイズマンは効果で、プリズマーはコストでモンスターを墓地に送る

効果とコストの違い

E・HERO ブレイズマン
E・HERO ブレイズマン スーパーレア 遊戯王 ネクスト・チャレンジャーズ nech-jp087
効果モンスター 星4/炎属性/戦士族/攻1200/守1800 「E・HERO ブレイズマン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「融合」1枚を手札に加える。 (2):自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「E・HERO ブレイズマン」以外の「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送る。 このカードはターン終了時まで、この効果で墓地へ送ったモンスターと同じ属性・攻撃力・守備力になる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしか特殊召喚できない。

E・HERO ブレイズマン》は自身の効果によって墓地に「E・HERO」を送ります。一方《E・HERO プリズマー》は自身のカード名を変更するという効果の発動コストとして墓地にカードを送ります

どう違うのかというと、ブレイズマンの発動や効果を無効にされた場合にはカードは墓地には行きません。しかし、プリズマーは発動のコストとして墓地に送っているので、無効になる状況でも発動させできれば任意のカードを墓地に送ることが可能となります。

プリズマーの効果処理の手順

つまり、スキドレやエフェクトヴェーラーに邪魔されるかどうかの違いが表れるというわけです。

【追記】ダークロウがあるとブレイズマンは発動できるがプリズマーは発動が不可能となる

(書き忘れていましたが)カードをコストで送るか効果で送るかの違いというのは、結構重要です。特に相手側に《M・HEROダーク・ロウ》などがあるときには、ブレイズの効果は発動できますが、プリズマーはそもそも発動すらできません。

ブレイズマンは墓地に送る効果であるため、ダークロウがあるとそのカードは除外されます。しかし、プリズマーは「発動コストで墓地に送る必用がある」ために、墓地にカードを送れない状況では発動コストを支払えなくなり、発動を封じられるのです。

【参考】《E・HEROブレイズマン》を使う時に覚えておきたい4つのこと

ブレイズマンは属性をコピーし、プリズマーは名前をコピーする

ブレイズマンはマスクチェンジ等と相性がいい

ブレイズマンは墓地に送ったモンスターの「属性・攻撃力・守備力」をコピーします。対してプリズマーは「カード名」だけをコピー。

それぞれに利点があって、例えばブレイズマンは地属性となることで《E・HERO ガイア》の「地属性素材」となり、また《マスク・チェンジ》によって《M・HERO ダイアン》になることが可能です。 また《E・HERO アナザーネオス》の攻守をコピーすることでただのアタッカーとしての運用も可能。

反面、カード名はそのままなので《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》の素材にはできません。また、属性が炎から変更されると炎属性のM・HEROは出せなくなります。

プリズマーはE・HERO以外でも活躍

一方、プリズマーはカード名をコピーするため、素材にカード名を指定する融合モンスターの運用が可能です。

そもそも、プリズマーは【E・HERO】以外で運用するのが一般的です。【ブラック・マジシャン】に入れることで《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》を見せてブラック・マジシャンをコピーするなどがあげられます。

ただし、コピー後は自身をE・HEROとは扱わないことには注意が必要です。

ブレイズマンはE・HERO限定。プリズマーは融合素材限定

ブレイズマンは融合を行わなくても墓地にカードを送れる

ブレイズマンの最大の利点は、エクストラに融合モンスターがなくてもカードを墓地に送れるということです。融合召喚やマスクチェンジをできない状況でも、何らかのE・HEROを墓地に送りたいという時にこのカードは活躍できます。送るカードはメインデッキにあるE・HEROならなんでも可能で、特に《E・HERO シャドー・ミスト》がオススメです。

《マスマティシャン》のE・HEROバージョンと言えます。反面、E・HERO以外には対応しないという欠点がありますが、あまり気にすることはないでしょう。

プリズマーは融合素材として名前が指定されていないと墓地に送れない

例えば《呪符竜》を相手に見せてもドラゴンを墓地には送れません。カード名が記載されているものだけをコピーするためです。 【参考】E・HEROプリズマーはシャイニングを見せて青眼を送れるのか

融合モンスターがエクストラにいないと発動そのものが出来ないというのがブレイズマンに劣る点でしょう。また、どちらも《E・HERO ネオス》は墓地に送れても、プリズマーは《E・HERO アナザーネオス》を墓地に送れないということは覚えておくと便利です。