【フラゲ確定】2014年2月リミットレギュレーション発表-デビフラ解禁等が話題-【遊戯王】

フラゲが来たようです。 2014年2月から以下のようなリミットレギュレーション(禁止制限リスト)が適用されます。 全リスト<<

新禁止カードは異次元からの帰還

【新禁止カード】
異次元からの帰還
【新制限カード】
デビル・フランケン(禁止=>制限)
E・HERO バブルマン(無制限=>制限)
海皇の竜騎隊(無制限=>制限)
ヴェルズ・オピオン(無制限=>制限)
七星の宝刀(無制限=>制限)
封印の黄金櫃(無制限=>制限)
【新準制限カード】
焔征竜(えんせいりゅう)-ブラスター
巌征竜(がんせいりゅう)-レドックス
瀑征竜(ばくせいりゅう)-タイダル
嵐征竜(らんせいりゅう)-テンペスト
オネスト
ゾンビキャリア
ローンファイア・ブロッサム
【新制限解除】
剣闘獣(グラディアルビースト)ベストロウリィ
神秘の代行者アース
デブリ・ドラゴン
N・グラン・モール
冥府の使者ゴーズ
ライオウ

ソースはお馴染みスターライト速報さんです。

征竜、マーメイル、ヴェルズの時代が収束へ

今回の禁止・制限は意外と順当でしょうね。

環境トップであった【征竜】にメスが入り、時点の水精鱗も竜騎隊が制限となって弱体化しています。 オピオンも制限化は高レベルデッキにはありがたいことです。

一方、剣闘獣や代行者はキーカードの解除によってチカラを取り戻しつつあります。

さらに、ゴーズやグランモールの完全復活は時代を感じさせます。

今後はアーティファクトと武神の時代か

オピオンの制限入りでもっとも注目されるのが【アーティファクト】です。

レベル5以上を出させないオピオンはアーティファクト最大の天敵でした。しかし【ヴェルズ】が環境から姿を消すことによって、アーティファクトを確実に止めるデッキがほとんどなくなります。

オネストの準制限化で光属性が強化されています。

これは次期パックのPRIMAL ORIGINで強化が約束されている【武神】の強化につながります。 武神に関しては、エンドフェイズの処理の仕方の記事を参考にしてください。

バブルマンの制限化はどうして?

【HEROビート】の抑制のためでしょう。バブルマンはエアーマンからサーチして即座にランク4になれる優秀なカードです。環境が変わって再びHEROの時代になると色々と困る、というのがコナミの思惑でしょう。

よほど武神やアーティファクト、そして新しく出る「ペンデュラム召喚」を普及させたいと見ます。