遊戯王の優先権はどうして必要なのか

遊戯王では必ず優先権という概念を使います。多くの初心者にとってはこれが何なのか、実際にどう使うのかということが全くわからないで遊んでいる人もいるでしょう。

しかし優先権を意識してプレイすると遊戯王の仕組みや奥深さなどを学べて、とても楽しいものになるでしょう。そして遊戯王に強くなります。

じゃー、そんな大事な優先権とはなんなのでしょう?ここでは簡単に概要を説明します。何箇所か加筆修正しました。

優先権は発動を最初に行える権利

stopsign

遊戯王では相手のターンにできることが意外と多くあります。事前にセットしていた魔法・罠を発動したり、効果モンスターの効果を発動して相手を妨害したりします。

さらに同じ条件で発動できるカードも複数存在します。例えばモンスターが戦闘破壊された時に発動できるカードなど。これらを互いが発動できる状況において、さてどちらが先に発動することができるか、という問題が発生します。

そんなときに大事なのが優先権です。優先権とは「相手より優先権的にカードを発動できる権利」です。これがないと互いに勝手に発動しあってしまい、どのカードが最初でどのカードが最後なのかがわからなくなってしまいます。

優先権はサッカーボール

優先権はカードのように目に見えません。しかし日常生活でも優先権に近いものは存在します。例えばサッカーを思い浮かべてください。サッカーが苦手なら他の球技でもかまいません。

球技では基本的に使用するボールは1つです。このボールを「優先権」と見立てましょう。

サッカーでは互いのチームが1つのボールを蹴ってゴールに運ぶのはだれでも知っていますね。このボールを触れるのはプレイヤー全員ですが、そこにはちゃんとしたルールがあります。

たとえば、「キックオフ」や「フリーキック」などの際、敵チームはボールがインプレーされるまで一定の距離以上離れなくてはいけません。当然、プレーされるまえにそのボールを勝手に蹴ることは完全にアウトです。

いま、貴方にボール(優先権)があります。このときに相手はそのボール(優先権)に割り込んで勝手にプレーすることは許されません。優先権は互いのプレイヤーの行動を規制することもあれば、緩和することもあります。

優先権が必要な理由

遊戯王は他のTCGと違ってかなり自由度が高いのが特色です。自分のターンだけでなくあいてのターンにも様々な行動を可能としているわけですから。

けれども、何の制限もなければ互いに好き勝手な行動をしてしまいます。先ほどのサッカーの例を出せば、相手のフリーキックやキックオフを勝手に邪魔したり、審判の合図なしに勝手にプレイしているようなものです。これではゲーム自体が面白くありません。

優先権は遊戯王を楽しくする目的で存在しています。決してプレイヤーを縛るだけではありません。また他のTCGでも優先権に相当するものは存在します。

優先権は互いにやり取りされる

Roundabout

優先権が発生するのは基本的にターンプレイヤー。なぜならばターンプレイヤーがゲームの主導権を握っているからです。よって、普通はターンプレイヤーが何らかのカードを発動し、それに相手が反応します。しかしいつでもターンプレイヤーに優先権が存在するわけではありません。duel中に何度も優先権は互いのプレイヤー間を行ったり来たりします。

【参考】優先権が移る行為とは何かを理解する

もっともわかりやすいのは「チェーン」でしょう。ターンプレイヤーが何らかのカードを発動した場合、ターンプレイヤーは直ぐに別のカードをチェーン発動することはできません。なぜならば優先権を使って発動した時点で、相手プレイヤーに発動する権利が移っているからです。よって、プレイヤーAの発動後にチェーンできるのは、次に優先権を持ったプレイヤーBであるとわかります。

また、フェイズやステップの移動の際には互いに「何も発動しないことを宣言」する必要があります。このときにも優先権はお互いを行き来していることになります。

優先権をもっているとどうして有利なのか

いまはあなたのターンです。そのメインフェイズ開始時、あなたの手札には《大寒波》(注意:禁止カード)があります。相手は《マインドクラッシュ》などの強力なカードを幾つかセットしていますが、この状況で先に発動できるのはターンプレイヤーであるあなたです。

なぜならば、フェイズの開始時に優先権を持っているのはターンプレイヤーだから。相手よりも先にカードを発動できる権利を有している上、それを持っていない相手プレイヤーは行動を起こせません。

【参考】メインフェイズの開始時とは

ターンプレイヤーが有利な理由の1つとして、相手より先にカードを発動できるという点があげられます。

まとめ

普段、何気なく遊戯王をプレイしていると気が付きにくいでしょう。もしも優先権を意識してプレイしだすと「あれ?こんなときにどちらがさきに行動できるのだろうか?」といった疑問もすぐに解けます。1つ1つの行動理由を無意識に理解できるようになれば、戦略に繋げやすくなるでしょう。

まとめ
  • 優先権は互いの行動をきめるもの。誰もが好き勝手に行動できないようにします
  • 優先権は基本的にターンプレイヤー側にありますが、ターンプレイヤーが優先権を使ったり放棄すると相手プレイヤーに移ります。
  • 優先権を理解してプレイすると、行動がスムーズになりプレイングが向上する