《ディメンション・ゲート》と《亜空間物質転送装置》の違い

違いのわかる男になりたい

earth-hour

photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

今回は《ディメンション・ゲート》と《亜空間物質転送装置》の違いと、それぞれのメリットを解説したいと思います。

ディメンション・ゲート
【 遊戯王 】 [ ディメンション・ゲート ]《 コスモ・ブレイザー 》 ノーマル cblz-jp068 シングル カード
【永続罠】
このカードの発動時に、自分フィールド上のモンスター1体を選択し、表側表示でゲームから除外する。
また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事ができる。
このカードが墓地へ送られた場合、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚できる。
亜空間物質転送装置
【シングルカード】遊戯王 亜空間物質転送装置 シークレット
【通常罠】
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、このターンのエンドフェイズ時までゲームから除外する。

1.ゲートによる除外前にサイクロンで破壊されると、除外できない

NASA Satellites See Wind Shear Battering Tropical Depression Iggy

photo credit: NASA Goddard Photo and Video via photopin cc

「ディメンション・ゲート」と「亜空間物質転送装置」の最大の違いは、永続罠か通常罠か、という点です。

除外するのはどちらも効果によるものです。通常罠である亜空間は相手のサイクロンに破壊されてもモンスターを除外することができます。しかし、永続罠であるディメンション・ゲートは除外前に場を離れると、そのモンスターを除外できません。

例えばリビングデッドの発動にチェーンしてサイクロンを発動されると、リビングデッドでモンスターを特殊召喚できません。原理はこれと同じものです。

2.モンスターの「帰還」の扱いがぜんぜん違う

the_year_after

photo credit: The PIX-JOCKEY (photo manipulation) via photopin cc

亜空間とゲートはモンスターを除外ゾーンからフィールドに戻すタイミングが異なります。しかし違いはそんなところではありません。

亜空間は戻す、ゲートは特殊召喚

亜空間によって除外したモンスターがエンドフェイズに戻ったエンドフェイズに、激流葬や煉獄の落とし穴などを発動することはできません。なぜならば亜空間物質転送装置によってモンスターを戻す行為は特殊召喚ではないからです。

Question
「フューチャー・ヴィジョン」や「亜空間物質転送装置」の効果によって、ゲームから除外されているモンスターがフィールド上に戻る場合、モンスターがフィールド上に特殊召喚される扱いになりますか? また、ゲームから除外されたモンスターがフィールドに戻る際に、「激流葬」を発動する事はできますか?
Answer
「フューチャー・ヴィジョン」や「亜空間物質転送装置」の効果によって、ゲームから除外されたモンスターがフィールド上に戻る場合、特殊召喚される扱いではありません。 したがって、フィールド上に戻った時に、「激流葬」等を発動する事はできません。
「フューチャー・ヴィジョン」や「亜空間物質転送装置」で除外されたモンスターがフィールドに戻る場合、特殊召喚として扱われますか?

亜空間が優れているのは「特殊召喚できないモンスターも戻すことができる」という点です。例えば効果を使い切った《光と闇の竜》を除外すればその攻守をリセットしてエンドフェイズに戻すことができます。

対してディメンション・ゲートは純粋にモンスターを除外ゾーンから特殊召喚する効果です。よってダメージステップ等でなければ激流葬の発動条件となります。また、特殊召喚が出来ないモンスターを除外すると効果で特殊召喚できないというデメリットがあります。逆に特殊召喚を条件とする効果を有効に使えるともいえます。

ゲートは墓地で効果の発動をするが、亜空間はチェーンブロックを作らない

ディメンション・ゲートが墓地に送られた場合、除外していたモンスターを特殊召喚する効果が墓地にて発動します。これは罠カードの発動ではなく、効果の発動ですから魔宮の賄賂による無効化を受けませんし、《光と闇の竜》による無効化もありません。また、「場合の任意効果」なのでタイミングを逃すこともないという結構便利な効果です。

■『このカードが墓地へ送られた場合、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚できる』効果は墓地にて発動し、チェーンブロックの作られる効果です。公式裁定:ディメンション・ゲート

たいして亜空間物質転送装置による帰還効果は、除外効果の付随効果です。除外してエンドフェイズに戻すまでが一連の効果処理というわけです。

この違いは些細ですが、チェーンブロックをつくるかどうかを重視する【チェーンバーン】などで大事になってきます。

3.ディメンション・ゲートによる特殊召喚は相手の直接攻撃以外でも行える

Galaxy Collision in Action (NASA, Chandra, 7:09:09)

photo credit: NASA’s Marshall Space Flight Center via photopin cc

ディメンション・ゲートで除外したモンスターを特殊召喚する効果は、「ディメンション・ゲート」を墓地に送ればいつでも使えます。相手の直接攻撃時に、自分フィールド上に表側であるこのカードを墓地に送る効果を発動できます。しかしこの効果を発動しなくてもサイクロンや非常食などで墓地にこのカードを送れば特殊召喚効果を発動できます。

例えば、自分のターンに除外して何らかのコストとして墓地に送ることでアニメのようなコンバットトリックを行えます。

まとめ

  • ゲートは永続なので除外効果にチェーンして破壊されると除外できない。対して亜空間は通常罠なので破壊されようが除外から帰還まで行える
  • ゲートは特殊召喚、亜空間は戻す。激流葬などの特殊召喚に関係する効果が使えるかどうかに差がある
  • 亜空間はエンドフェズにしか戻せないが、ゲートはタイミングをプレイヤーが選べる