奈落の落とし穴をトラゴエディアやフォーチュンレディに使えるのか

奈落の落とし穴》を使うときに困るのが、「攻守が変化するモンスター」に対して使えるのかどうかについてです。今回はよくつかわれる《トラゴエディア》等を例に解説します。

ただし、トラゴエディアがダメージステップに特殊召喚された場合には攻守に関係なく奈落を発動できません。たとえば戦闘ダメージを受けた時にトラゴエディアの効果を発動してフィールドに出した場合には、ダメージステップ中の特殊召喚なので、攻撃力がいくら高くても奈落を発動できないのです。つまり、今回紹介するパターンは、トラゴエディアを通常召喚(アドバンス召喚)や死者蘇生などの方法で場に出した時のことです。

奈落の落とし穴
【遊戯王カード】 《ドラグニティ・ドライブ》 奈落の落とし穴 ノーマル sd19-jp036
通常罠(準制限カード) 相手が攻撃力1500以上のモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。 その攻撃力1500以上のモンスターを破壊しゲームから除外する。

フィールド上で攻撃力1500以上モンスターに対して発動できる

奈落は攻撃力1500以上のモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚時に発動できます。この攻撃力1500以上という数値は手札や墓地などではなく、あくまでもフィールド上での数値を参照します。よって、フィールド外で攻撃力が1500未満のモンスターでも、フィールドに出て1500以上になれば発動できるということです。

手札が3枚以上の時に召喚したトラゴエディアは奈落で破壊できる

トラゴエディア
遊戯王 トラゴエディア ウルトラレア Vジャンプ付録
効果モンスター(準制限カード) 星10/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
自分が戦闘ダメージを受けた時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。 このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の枚数×600ポイントアップする。 1ターンに1度、手札のモンスター1体を墓地へ送る事で、そのモンスターと同じレベルの相手フィールド上に表側表示で存在する モンスター1体を選択してコントロールを得る。 また、1ターンに1度、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択し、このカードのレベルをエンドフェイズ時まで、選択したモンスターと同じレベルにする事ができる。

トラゴエディアの攻守は手札や墓地などでは不確定で数値として扱いません。このカードが手札3枚の時にフィールド上にでると、「攻撃力1800のモンスター」として召喚された扱いになります。よって、奈落の発動条件を満たすので発動可能です。

なお、トラゴエディアは戦闘ダメージを受けた時に出すことが多いので基本的にダメージステップ中に特殊召喚されます。このようなダメステ中には奈落を発動できません。よって、トラゴエディアを奈落で破壊できるのはメインフェイズに召喚(通常召喚)・特殊召喚されたときくらいです。

同様に《フォーチュンレディ・ダルキー》なども攻撃力1500以上モンスターの召喚・特殊召喚として扱われるため、発動が可能です。

永続魔法やフィールド魔法で攻守が上がっても発動可能

《一族の結束》の効果が適用されている時に攻撃力1000の《BK-ヘッドギア》を召喚した場合、ヘッドギアは攻撃力1800のモンスターとして召喚された扱いになります。これは、ヘッドギアがフィールドに出た瞬間から攻守増減効果が適用されたためです。

攻守をダウンさせるカードがあると元々の攻撃力が1500以上でも発動できない

たとえば《強者の苦痛》がある状態で《BK-スイッチヒッター》を召喚した場合、奈落を発動することができません。スイッチヒッターの元々の攻撃力は1500なのですが、強者の苦痛によってフィールド上に出た瞬間に400ダウンさせられるために、攻撃力1100のモンスターとして出た扱いになるからです。

召喚・特殊召喚したタイミングよりも後でATKが1500以上になっても奈落を発動できない

《アーカナイト・マジシャン》系列が分かりやすいと思います。

覇魔導士アーカナイト・マジシャン
【遊戯王シングルカード】 《スターストライク・ブラスト》 覇魔導士アーカナイト・マジシャン ウルトラレア stbl-jp038
融合・効果モンスター 星10/光属性/魔法使い族/攻1400/守2800 魔法使い族シンクロモンスター+魔法使い族モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。 このカードが融合召喚に成功した時、このカードに魔力カウンターを2つ置く。 このカードに乗っている魔力カウンター1つにつき、このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。 1ターンに1度、自分フィールド上に存在する魔力カウンターを1つ取り除く事で、以下の効果を発動する事ができる。 ●フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。 ●自分のデッキからカードを1枚ドローする。

《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》の元々の攻撃力は1400。それに自身の効果で魔力カウンターをのせることで攻撃力3400となります。しかし、このカードの特殊召喚時には奈落を発動できません。なぜなら、このカードの特殊召喚成功時の攻撃力はあくまでも1400であって、その召喚時効果の処理によって攻撃力がアップするからです。

アーカナイト・マジシャンは奈落の発動タイミングではまだ条件を満たしていない

奈落が発動できるのは召喚・反転召喚・特殊召喚のタイミングのみ。それ以外で攻守が1500以上になっても発動ができません。アーカナイト・マジシャンは1400のモンスターとして融合召喚されて効果を発動し3400になっても、3400になった時には既に融合召喚成功時というタイミングを過ぎています。

召喚成功時に突進や聖杯で攻守をあげても奈落を発動できない

上記の例に関連します。たとえば攻撃力1500に届かないモンスターの召喚時、《突進》や《禁じれられた聖杯》等で攻撃力をアップしたとします。それらの効果で攻撃力が1500以上になったとしても、その効果解決時は既に召喚成功タイミングを過ぎているのです。結果、アーカナイト・マジシャンと同じく奈落を発動することができません。

まとめ

奈落の発動タイミングというのは様々ですが、フィールド上にでた瞬間に攻撃力1500以上となると発動できるというのが基本です。

奈落が参照する攻撃力のタイミング
  • 手札やデッキ・墓地での攻撃力ではなく、あくまでもフィールド上に出た時の数値が1500以上の時に発動できる
  • 召喚時よりも後のタイミングで攻撃力が1500になっても発動条件を満たさない