DDDモンスターとペンデュラム召喚

アニメでは赤馬零児が操る【DDD(ディーディーティー)】シリーズの紹介です。

DDDのP召喚方法

【DDD】において現段階でペンデュラム召喚が可能な組合せとして以下のようなものがあります。

DDDのペンデュラムの組合せ

ただし、【DDD】では《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》や《EMトランポリンクス》などのペンデュラムカードとも相性がいいので、もっと幅広いP召喚の組合せが可能です。 また、《DD魔導賢者ケプラー》や《DD魔導賢者ガリレイ》は自身のPスケールを変更する効果があるため、常にこの組合せが狙えるわけではありません。

主要DDDモンスター

【DDD】では以下のカードが重要です。

DDD死偉王(しいおう)ヘル・アーマゲドン
DDD死偉王ヘル・アーマゲドン
ペンデュラム・効果モンスター 星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守1000
【Pスケール:青4/赤4】 (1):1ターンに1度、自分フィールドの「DD」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで8アップする。
【モンスター効果】 (1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。この効果を発動するターン、このカードは直接攻撃できない。 (2):このカードは、このカードを対象としない魔法・罠カードの効果では破壊されない。

DDDのエース。自身の攻撃力をアップする効果と対象をとらない魔法・罠で破壊されない耐性持ち。自爆特攻からの高攻撃を狙う。

 
DD魔導賢者ケプラー
DD魔導賢者ケプラー(不鮮明)
ペンデュラム・効果モンスター 星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青10/赤10】 (1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。 (2):自分スタンバイフェイズに発動する。このカードのPスケールを2つ下げる(最小1まで)。その後、このカードのPスケール以上のレベルを持つ、「DD」モンスター以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
【モンスター効果】 「DD魔導賢者ケプラー」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。 ●このカード以外の自分フィールドの「DD」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。 ●デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

ガリレイと共にペンデュラム召喚のゲートになるのが基本。または特殊召喚してペンデュラムゲートを入れ替えるのに使用

 
DD魔導賢者ガリレイ
DD魔導賢者ガリレイ(不鮮明)
ペンデュラム・効果モンスター 星10/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青1/赤1】 (1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。 (2):自分スタンバイフェイズに発動する。このカードのPスケールを2つ上げる(最大10まで)。その後、このカードのPスケール以下のレベルを持つ、「DD」モンスター以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
【モンスター効果】 「DD魔導賢者ガリレイ」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの、「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

ケプラーと共にペンデュラム召喚のゲートになるか、手札から捨ててヘル・アーマゲドン等を守ったり、ペンデュラムゲートを入替えたりする。

 
DDプラウド・オーガ
DDプラウド・オーガ(不鮮明)
ペンデュラム・効果モンスター 星6/闇属性/悪魔族/攻2300/守1500
【Pスケール:青8/赤8】 (1):1ターンに1度、500LPを払い、自分フィールドの「DD」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500アップする。 (2):もう片方の自分のPゾーンに「DD」カードが存在しない場合、このカードのPスケールは5になる。
【モンスター効果】 (1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。自分のエクストラデッキから、表側表示の闇属性Pモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。

リリー要員をペンデュラムで揃えたり《Sinister Yorishiro》で簡単に召喚できるため、モンスター効果を発動させやすい。

基本的にはペンデュラム召喚とアドバンス召喚の併用

ケプラーやガリレイがいるとDD以外の特殊召喚ができないため、ペンデュラム召喚による展開が主体となります。ただし、《EMトランポリンクス》やケプラー・ガリレイのモンスター効果でバウンスし、エクシーズに繋げることもできるためそれほど窮屈な動きはしないでしょう。

【参考】クリフォートとEMトランポリンクス

シャドールに弱い

正直【クリフォート】並みの高速展開は厳しいでしょうが、ヘル・アーマゲドンの耐性によってある程度の場持ちは期待できます。アークナイトからもガリレイの効果で守ることが可能です。

問題は【シャドール】や【HERO】。闇属性ばかりなので《超融合》を使われるとあっけなく素材にされます。